パベルがエポスゴールドカードを使う理由

パベル
パベル

皆さんこんにちわ、パベルです。

今日はパベルが数あるクレジットカードの中で

エポスゴールドカードを利用している理由をお話しします

パベル
パベル

時代はキャッシュレス。

でもなぜか気付くと毎月使いすぎてる。

これはまさに怪奇現象❗️

これはまさに現代の七不思議に入れても良いのでは?

フクロウ先生
フクロウ先生

こらこらパべルよ。

クレジット払いなら

何も考えなくて良いと、

思っているわけではあるまいな。

パベル
パベル

あ、フクロウ先生。

クレジットにして支払い管理。

これで貯金できるって聞いたんですけど💦

以前と全くかわらなくて。

怪奇現象に巻き込まれてると思うんですよね

フクロウ先生
フクロウ先生

なんと愚かな。

まるで昔のワシじゃ。

フクロウ先生
フクロウ先生

愚か者❗️❗️

当然考えなしに使えば

貯金なんて論外じゃ。

パベル
パベル

えっ?

現金払いに戻った方が良いのですか?

フクロウ先生
フクロウ先生

まあ落ち着け。

そこまで極端には言っておらん。

ワシの例を参考に出すぞ。

試してみるのじゃ。

今日の目次

  1. モバイルSuicaと組み合わせて月単位ではなく短期間で予算を決められる。
  2. モバイルSuicaチャージでポイント1.5%。
  3. さらに年間の利用額に応じて追加でもらえるボーナスポイント。
  4. 他にも特典がたくさん。
  5. エポスゴールドカードのいけていないところ。
  6. 今日のまとめ。

モバイルSuicaと組み合わせて月単位ではなく短期間で予算を決められる

パベルはエポスカードゴールドを普段使いはしていません。

ではどのように使用しているかといえば。

モバイルSuicaへのチャージに利用し。

普段の生活費はSuicaメインで支払っています。

食費、雑費等いわゆる変動費ってどのように管理されていますか?

パベルはSuicaへのチャージを週単位で行うことで、

1週間ごとで管理しています。

この中から日々の食費、生活費、雑費の支払いをおこなっています。

この管理が正直パベルには一番あっている。

週の頭に自分で決めた金額をSuicaにチャージ。

あとはそのチャージした金額で生活する。

これだけです。

例えば1ヶ月の食費、雑費の平均は男性40,000〜50,000、女性30,000〜40,000位

アバウトに4分割して週に10,000円で生活。

最初は月毎に予算を決めて管理などもしました。

しかしこれが上手くいかない。

途中でグチャグシャになり気づけば目標予算を簡単にオーバーしていました。

正直毎月20日くらいになって、

仕事に行くから何回は外食で冷蔵庫の中身とスーパーで何買う?

こんな計算は結構しんどい。

※パベルの勤め先は社食など無いため昼食は全額実費です。

次の月に先月の反省を踏まえて2週目くらいから考え始めると、

あっという間に泥沼に落ちていきます。

モバイルSuicaチャージでポイント1.5%

エポスカードの選べるポイントアップショップでSuicaを選択します。

これで常にポイント1.5%で利用することができます。

年会費無料のカードの中でポイント還元率1%を超える物は多くありません。

最高ではなくても最高クラスだと思います。

またSuicaは多くのスーパー、コンビニ、チェーンの飲食店や公共交通機関、

普段の生活のほぼ全ての支払いに使うことができます。

おすすめポイントアップショップ

必須級

Suicaチャージ。(モバイルSuica)

電気、ガス料金の支払い。(電気とガスをまとめている方は1つ)

人による

ETC利用料金。(仕事などで高速を頻繁に利用する方、定期的に車で遠出する方)

※ポイントアップショップは1度選んでも3ヶ月で変更ができます。

 1枠はフリー枠として利用しても良いかと思います。

※コンビニなどポイントアップショップの多くは

 モバイルSuicaで支払いができます。

 選ぶ際に注意しましょう。

更に年間の利用額に応じてもらえるボーナスポイント

エポスゴールドカードには年間の利用額に応じて

ボーナスポイントがあります。

その額なんと

2500ポイント(50万円利用に応じて)

10000ポイント(100万円利用に応じて)

何とポイントアップショップショップ登録済みのお店できっかり100万円利用すれば

脅威のポイント還元2.5%❗️❗️

各社の一時的なキャンペーンを利用した場合を除き最高効率ではないでしょうか?

その他特典が盛りだくさん

空港ラウンジ無料、海外旅行保証1,000万円、海外サポートデスクの利用。

ポイント有効期限が無期限。

国内外で10,000を超える優待サービス。

マルコとマルオの7日間は商品10%オフ等。

最近の状況的に海外旅行は難しいのでメリットを活かしきれていないのが惜しいところです。

エポスゴールドカードのいけていないところ

ここまでエポスカードのメリットをお話ししてきましたが

当然他のカードと比べて劣る点もあります。

・普通にカードとして利用した場合ポイント0.5%とかなり渋い。

 ちまたには還元率1%のものがたくさんあります。

 普段のクレジット払いに利用したいカードとは言えません。

・インビテーションを除きゴールドカードにランクアップの際年会費が発生。

 2年目以降は年間利用額50万円で翌年以降無料。

・さらにインビテーションの条件がはっきりしない。

 月に50,000円以上の利用が続くと届くとのの噂もあります。

 しかし利用年数等も関係する様です。

 いまいちはっきりしません。

パベルはエポスノーマルカード作成後ほとんど使用していなかったです。

一度数万円のオンライン決済に使用したところインビテーションが届きました。

その時の年会費無料に釣られて申し込んでおいてよかったです。

今日のまとめ

エポスゴールドカードはモバイルSuicaと合わせて利用することで

最高効率のカードのひとつと言えると思っています。

また生活費の管理を簡易にできることも大きな魅力です。

もし現状のクレジットカードに満足していない、新たに作成を考えている方が

いらっしゃいましたら参考にしていただければ幸いです。

パベル
パベル

ここまで読んでくれてありがとう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました